帽子屋kumi tsuyukiとその看板犬sylvie&emmaの生活

早い桜。

いつもの岩場には海鳥が複数羽打ち上げられているのを見つけてしまったため、
ここしばらくはもっぱら山。。。。。


d0237578_20571890.jpg

ラッキ♡

とばかりにぎょろぎょろ目ん玉でルンルン山を登るセター。

あのさ。。。。狩ろうよ。(猟期始まったんだよ〜!)
母ちゃんばっかり見てないでー!!!!(笑)


それにしても枯葉と落ち葉だらけの山だと、あまりにも保護色で識別ができないので
止むを得ず「オレンジの首輪」新調したのだけど、、、、、



d0237578_18591841.jpg

似合う〜?

。。。。。。。。。。。。。。。。






中腹の花畑の桜はもうぽちぽち咲き始めています。


d0237578_20593895.jpg


d0237578_21005137.jpg

菜の花の種も芽を出し、順調に育っています!(春が楽しみ♡)



つまり菜の花畑には犬を入れられない。。。。
ので、ダミーやらボールやらを投げ込むのはもっぱら畑脇の薮薮傾斜地。。。

d0237578_21013667.jpg

お。
出てきた出てきた。

長〜い捜索から戻ってくるsylvieがくわえてくるダミーはいつも、
「確かに家のものだったダミーだけど、果たしていつ無くしたやつだったっけ?」
で(笑)。


いつも帰りにはちゃんと「数だけは合ってる」のよね(笑)。








薮に投げるのは難しくて、
どうしても木に引っかかってしまう。

sylvieを木に登らせるのは(登っちゃうので)怖い思いをしているので、NGにしたい私ですので、
時として自らもレトリーブに赴かざるを得ず。。。。。



d0237578_20561653.jpg

「自己責任」という言葉を背負って、傾斜地を降りていく飼い主を
2犬こんなして見送る。

こんな時だけコマンド入れなくても自主的にsit stayなところがまた小憎らしい。




d0237578_20563429.jpg
ほら。取れたよ。どんなもんじゃい!


2犬とも、なんっちゅー顔しとんじゃ!
ダミーより、母ちゃんが「ノーハプニングで」戻ってこれたことに安堵?(笑)




d0237578_20570306.jpeg







こんなして、いくらでも遊んでいられそうな秋の山。

いや、もう冬なのかな?



「そろそろ帰るよ〜!」って言ったところで、顔見知りのおっさんたちが登ってきたぞ。。。。

d0237578_20554558.jpg

もしもし?

ふつーに一緒に登って行こうとする愛犬。



「それじゃ家の犬宜しくお願いします〜!帰りに家に届けてくれればいいですから〜!」






さ、帰ろかemma(うそうそ(笑))。







あー山楽し。









by kumi-oo | 2017-11-28 21:43 | Comments(0)