帽子屋kumi tsuyukiとその看板犬sylvie&emmaの生活

誕生日おめでとう

d0237578_983567.jpg

誕生日おめでとう。sylvie。

1歳になりました。

「おめでとう!!」の嵐と大騒ぎの中で、私の気持ちはちょっと重かったりする。
いくら考えても悩んでも迷っても、きっと答えなどないんだろう、、、、、、。

「避妊」手術をするしないの問題。
2回目のヒートがそろそろやってくる。
聞ける限りのたくさんの人の意見を聞いても、入手可能なテキストを読みあさっても、
それぞれの正論にうなずくことしか出来ない。人間の都合を捨て去って、犬のことだけを考えてみても、それは同じこと。
ぐずぐずと、まだ決められないでいる、どうしょうもない飼い主のもとで、
ヴィヴィは1歳の誕生日を迎えてしまった、、、、、、。

頭脳の方は迷いに迷っているのだけれど、
私の感覚の部分は、きっぱりと拒んでいる、その手術。

今12歳になる猫が、一緒に暮らしてるんですが、
その子をもらってきたとき、お医者の先生に、
「この子はあまりにも弱いから、出産とかは絶対させないように。
外に出すのもやめた方がいい。1年生きないかもしれない。」
と言われて、猫など飼ったことも無かったし、まるで無知だった私は、あっさり鵜呑みにして、言われるままに手術を受けさせました。

それはそれで、いいです。もうどうにもできない。

ただ、私は自分が妊娠しておなかが大きい間、ヒメさん(猫)の目をまっすぐに見れなくて、
つらかった。私にはあった「選択する自由」を持たなかった彼女に対して、私が、まるで悩みもせずに、ただ言われたからというだけで選択したということも含めて、申し訳ない気持ちしか持てなかった、そのあともずっと。そして今も。

きっと、今私が、人並み以上に迷ってしまうのは、あのヒメさんの時の分までまとめて悩んでいるからだと思う。そして結局この先も決めることが出来ないまま、ヴィヴィはどんどん年を重ねてしまうのだろう、、、、、、。

「出産させてやりたい」これが私の直球の気持ち。

「させてやりたい」など、傲慢な物言いだけれど、それが人間の選択によって決まってしまうことが、現代の事情においてやむを得ないことであるならば、私はあえて「させてやりたい」と思う。
これはヴィヴィの事情を全く考慮しない、私の個人的な気持ち。

ヴィヴィの身体のことを考慮に入れると、様々なリスクがつきつけられる。子宮ガンの発生率の数字データは、私を怖じけずかせるし、種の保存的な問題も、またしかり。
こんな情報社会の中で、するしない、どちらにするにしても、「決める」ことが出来た
人たちを羨ましく思う。ああ、遠い道のりだわ、、、、私には!!

犬というのは、本能的にリーダーを求める。
自分の前を、信念を持って歩く、迷いの無いリーダー、、、、、、、自分の進むべき道を、
はっきりと指し示してくれるリーダー、、、、、、。

ヴィヴィ、私は無理だ、ごめん。そういう素敵なリーダーにはなれそうもありません。
でも、いつか私のことを、「この人は迷ってるからついていっても大丈夫なのかもしれない、、、、」くらいには思ってくれるといいな。 

私が本当に信じられるのが、本当に好きになれるのが、そういう「迷う人」であるように、、、、、、、
 
も一回言うよ。
「お誕生日おめでとう」
# by kumi-oo | 2011-08-23 10:11 | Comments(2)

人の都合、犬の都合。

d0237578_1003826.jpg

早く誰か来て〜!!退屈よ〜!!



いつもの時間のいつもの広場、、、、、なのに。
誰も来てない、、、、、
当然か。ずっと雨が続いた合間の原っぱは、飼い主さん的には、
最悪の状態だもんね。
草は水滴をたっぷりと乗っけてるし、地面はたっぷりと雨を吸い込んで、
いい感じにやわらか〜くなってるし(笑)。
しかも、いつまた降り出してもおかしくないようなどんよりとした雲が立ちこめてて、
薄暗い空、、、、
どう考えても、フワフワの毛のままお家に帰れるはずは無い。

それでも、こんな時にでもやってくるはずの、いつもの「犬バカ」連(すごい愛を込めて!!)
は、ぼちぼち来るはず、と信じて待つことしかり。
来ない、、、、そろそろ不安になってきたころ、「来、来たー!!」

しかも、大本命のビッグマロン!!
もうヴィヴィの大歓迎ぶりときたら、ちょっとこっちが恥ずかしくなるような、熱烈ぶりで(笑)。
そしてさらに、「ガクだーガクも来たー!!」と、もうテンションあがっちゃってすごい。

皮肉なもので、こんな天気の日こそ、ワンたちは絶好調。
涼しい、というだけで、ここまで変わるのか、、、、というくらい、走る走る!!
暑さの中で、ゼーゼー走るのとはレベルが違う。とにかく走る!!筋肉で走る!!
当然ぐっじゃぐじゃの泥だらけで、見るも無惨な、うすら汚い見てくれになってるわけですが、
それでも走る走る!!!「ヒャッホー!!!」

そして。
待ってました、のイエス君!!(アニーのワンにそっくりで、と〜ってもかわいい!!)
ここのお家も、上品なご夫婦なのに、意外にもワイルドで、汚れちゃったってどこ吹く風、のご主人さん。
どう見たって、一番汚れちゃったとき大変な種類のワンなのにもかかわらず、
好きなように走らせてて、気持ちいい。
こういう飼い主さんは、話をしてても、ほんとに気持ちいい。
d0237578_1035328.jpg


結局、愛すべき犬バカ連は、今日のところこれだけでした。
(そういえばなんだかいつもこんな顔ぶれのような、、、、、)
揃いもそろって、(ガクはのぞく)でっかい上に、汚れたとき厄介なワンばっかりなとこが
なんか笑える!!

4匹の、熱い熱い野蛮な時間となったのでした!!
# by kumi-oo | 2011-08-22 10:47 | Comments(0)

「いただいた」犬、、、、、か。いいな。

d0237578_955734.jpg

おはようございます。

多摩川土手でのフツーのワンショット。
でも私には大切。

まず、このカーディガンのコーギーちゃん、なんと「ヴィヴィ」ちゃん。
初めて会ったときは、いつもの感じでそれぞれに遊んでたんですが、
あれ?って。
「ヴィヴィ〜!!」って呼ぶと、私のところに必ず来るのは、家のヴィヴィじゃなくて(トレーニング不足!!)この子。「?」
ご主人もなんとなく気がついたみたいで、、、、、
「ひょっとしてヴィヴィちゃんですか?」「ヴィヴィちゃんです」って。
「あのウに点々のヴの、ブイブイちゃんですか?」
「ウに点々のヴのブイブイちゃんです」って(笑)。

それ以来、何かと楽しくお世話になってます。
大ヴィヴィ、小ヴィヴィで。
 
この小ヴィヴィちゃん、根っからのアスリート。
特にサッカーボールのドリブルなんかは、小学生なんかは(私も)カット出来ない
すごいスピードと確実さ。ナデシコわんわんなんです。

そしてもう一匹、同じご主人の飼われている、このトイプードル、「マロン」ちゃん。
この子も芸達者で、ご主人が膝を曲げると、ぴょんと飛び乗ってそのまま抱っこ。
家の娘が、どうしてもそれがやりたいと、ご主人にせがんで指導してもらってる図なのです。
ほんとうに人懐っこくてかわいいマロン。かのこ相手に嫌な顔一つせずつきあってくれています。
(そしてご主人も!!いつもありがとうございます!!)

このマロンちゃん、今ではそんな陰は全くないので、
耳を疑ってしまいそうなのですが、
「噛みつき」があまりにひどくて、前の飼い主から放棄された犬なんですって。

ご主人は「いただいたわんちゃんなんですよ、、、、」と、そのことを話してくれたのですが、
思わず「それって見捨てられたとか、押し付けられたって言うんですよ、、、、、、」
と言ってしまいそうでした。「いただいた」とは言わないんですよ、、、、、と。

それでも「いただいた」と言って、大切にしてくれる飼い主さんのもとで、
マロンちゃんは、「噛み付く」どころか、「なでられるの大好き」なわんちゃんになって、
日々を楽しく暮らしてます!!

明日も会えるかな。

(このご主人、何を隠そう私の父の若い頃と、雰囲気がかぶるんです。ないしょ(笑))
# by kumi-oo | 2011-08-17 09:46 | Comments(0)

留守番キャラバン。

d0237578_8183834.jpg

おはようございます。

おかめちゃん、久々。
ハイジ、クララ、ルビー、マル、4羽家族。
写真の子たちはルビーとマル。去年産まれたまれた子たちです。
ヴィヴィとはわりとうまくやってる。退屈になると、バタバタとやって、ヴィヴィを誘う。
鼻ずらをつけてくるヴィヴィを、キイキイとやって煽っておいて、クンクンしはじめたところで、
さっと小屋の中央部へ飛び去る。一枚上手だな、おかめズ。
一羽が一回ずつやったとして、4回。日に軽く24回くらいは呼び出しをくらって、その都度まじめに対応しているヴィヴィ。上下関係?家歴?大きさじゃないのね。

昨日から子供たちとパパは私の実家へ行ってしまった(今日には帰ってくるけど)。
私とキャラバンはお留守番。
という事情で、今朝は私が4時50分起きでヴィヴィとお散歩へ行くことに。
(いつもは旦那。)
お散歩っていうのは、歩くから散歩なのであって、私たちの場合は散歩とは違う気もするけれど、、、、まあいい、散歩ってことで。

とにもかくにも、くんくんくんくんくんくんくん、、、、、、、、
で、突然バッと走り出す。これの延々繰り返し。
朝からこのテンションか?今日一日大丈夫か?と不安になってたところで、
カーリーコーテッドの「マイク様」に遭遇してしまったから、もう最悪。
ここでまた一気にガーーーっとテンションが上がって、もう収拾がつかない。


朝のお散歩って、サラッと行って、サラッと帰ってくるものなんじゃないの〜?
2人してゼエゼエ言いながら、帰ってきました。

今日も暑くなりそう。
私はこれから、ホームセンターに行って、ビニールプールを買ってきま〜す。
ヴィヴィ〜待ってろ〜!!
# by kumi-oo | 2011-08-15 09:00 | Comments(0)

愛されるスゴ味犬

d0237578_91602.jpg


このゴールドのチョーク、ちょっとヤクザな感じだし、お耳はヤンキーチックなお色味だし、
家のヴィヴィちゃん、、、、、、、スゴ味系?

チョークは、ネットで注文したドイツものなんですが、色味選択のボタンを間違えたみたいで、シルバーを注文したつもりだったんですが、こっちが来ました。
またやっちゃいましたよ〜!!(笑) 

どうしよう、あんまり趣味じゃないけど、まあ来ちゃったし(高かったし!!)使うか、、、、
使ってるうちにシルバーになるかもしれないし(なるわけないし)。
まあ半ばあきらめモードでお散歩へ、、、、、。

と。これが評判いいから、世の中はすごい。
「ヴィヴィちゃんの毛の色にぴったり!!」
「さすが趣味いい!!」
「あんまりそれ見ないよね、どこで買ったの?」
、、、、、、へへへ。
それ以来、ヘヴィロテだっていうんだから、私も私なんだけど(笑)。
みんながいいっていうんだから、ヴィヴィはその方がいいんだよね、
みんなにかわいがってもらえる方がいいに決まってる。

髪、じゃなかった、耳の毛もしかり。
パピーの毛で、カットしちゃった方がいいらしいし、
これがなくなると、グッと大人っぽくなるヴィヴィなのですが、
「そのお耳の毛がいいよね〜」
「一目でヴィヴィって分かるよね〜」
「ふわふわ〜!!」
と、これがまた外野に人気で、
切るに切れなくなってしまった、というのが正直なところ。

シックでエレガントなわんわんにしたいのに〜(笑)

いいです、でも。
みんなに愛されるわんわんの方がいいんだと思う。
ヴィヴィみたいな甘ったれには、その方がいいんだと思う。
そうにきまってる。
# by kumi-oo | 2011-08-12 09:48 | Comments(0)