帽子屋kumi tsuyukiとその看板犬sylvie&emmaの生活

タグ:シルヴィ ( 7 ) タグの人気記事

誕生日おめでとう

d0237578_983567.jpg

誕生日おめでとう。sylvie。

1歳になりました。

「おめでとう!!」の嵐と大騒ぎの中で、私の気持ちはちょっと重かったりする。
いくら考えても悩んでも迷っても、きっと答えなどないんだろう、、、、、、。

「避妊」手術をするしないの問題。
2回目のヒートがそろそろやってくる。
聞ける限りのたくさんの人の意見を聞いても、入手可能なテキストを読みあさっても、
それぞれの正論にうなずくことしか出来ない。人間の都合を捨て去って、犬のことだけを考えてみても、それは同じこと。
ぐずぐずと、まだ決められないでいる、どうしょうもない飼い主のもとで、
ヴィヴィは1歳の誕生日を迎えてしまった、、、、、、。

頭脳の方は迷いに迷っているのだけれど、
私の感覚の部分は、きっぱりと拒んでいる、その手術。

今12歳になる猫が、一緒に暮らしてるんですが、
その子をもらってきたとき、お医者の先生に、
「この子はあまりにも弱いから、出産とかは絶対させないように。
外に出すのもやめた方がいい。1年生きないかもしれない。」
と言われて、猫など飼ったことも無かったし、まるで無知だった私は、あっさり鵜呑みにして、言われるままに手術を受けさせました。

それはそれで、いいです。もうどうにもできない。

ただ、私は自分が妊娠しておなかが大きい間、ヒメさん(猫)の目をまっすぐに見れなくて、
つらかった。私にはあった「選択する自由」を持たなかった彼女に対して、私が、まるで悩みもせずに、ただ言われたからというだけで選択したということも含めて、申し訳ない気持ちしか持てなかった、そのあともずっと。そして今も。

きっと、今私が、人並み以上に迷ってしまうのは、あのヒメさんの時の分までまとめて悩んでいるからだと思う。そして結局この先も決めることが出来ないまま、ヴィヴィはどんどん年を重ねてしまうのだろう、、、、、、。

「出産させてやりたい」これが私の直球の気持ち。

「させてやりたい」など、傲慢な物言いだけれど、それが人間の選択によって決まってしまうことが、現代の事情においてやむを得ないことであるならば、私はあえて「させてやりたい」と思う。
これはヴィヴィの事情を全く考慮しない、私の個人的な気持ち。

ヴィヴィの身体のことを考慮に入れると、様々なリスクがつきつけられる。子宮ガンの発生率の数字データは、私を怖じけずかせるし、種の保存的な問題も、またしかり。
こんな情報社会の中で、するしない、どちらにするにしても、「決める」ことが出来た
人たちを羨ましく思う。ああ、遠い道のりだわ、、、、私には!!

犬というのは、本能的にリーダーを求める。
自分の前を、信念を持って歩く、迷いの無いリーダー、、、、、、、自分の進むべき道を、
はっきりと指し示してくれるリーダー、、、、、、。

ヴィヴィ、私は無理だ、ごめん。そういう素敵なリーダーにはなれそうもありません。
でも、いつか私のことを、「この人は迷ってるからついていっても大丈夫なのかもしれない、、、、」くらいには思ってくれるといいな。 

私が本当に信じられるのが、本当に好きになれるのが、そういう「迷う人」であるように、、、、、、、
 
も一回言うよ。
「お誕生日おめでとう」
by kumi-oo | 2011-08-23 10:11 | Comments(2)

「いただいた」犬、、、、、か。いいな。

d0237578_955734.jpg

おはようございます。

多摩川土手でのフツーのワンショット。
でも私には大切。

まず、このカーディガンのコーギーちゃん、なんと「ヴィヴィ」ちゃん。
初めて会ったときは、いつもの感じでそれぞれに遊んでたんですが、
あれ?って。
「ヴィヴィ〜!!」って呼ぶと、私のところに必ず来るのは、家のヴィヴィじゃなくて(トレーニング不足!!)この子。「?」
ご主人もなんとなく気がついたみたいで、、、、、
「ひょっとしてヴィヴィちゃんですか?」「ヴィヴィちゃんです」って。
「あのウに点々のヴの、ブイブイちゃんですか?」
「ウに点々のヴのブイブイちゃんです」って(笑)。

それ以来、何かと楽しくお世話になってます。
大ヴィヴィ、小ヴィヴィで。
 
この小ヴィヴィちゃん、根っからのアスリート。
特にサッカーボールのドリブルなんかは、小学生なんかは(私も)カット出来ない
すごいスピードと確実さ。ナデシコわんわんなんです。

そしてもう一匹、同じご主人の飼われている、このトイプードル、「マロン」ちゃん。
この子も芸達者で、ご主人が膝を曲げると、ぴょんと飛び乗ってそのまま抱っこ。
家の娘が、どうしてもそれがやりたいと、ご主人にせがんで指導してもらってる図なのです。
ほんとうに人懐っこくてかわいいマロン。かのこ相手に嫌な顔一つせずつきあってくれています。
(そしてご主人も!!いつもありがとうございます!!)

このマロンちゃん、今ではそんな陰は全くないので、
耳を疑ってしまいそうなのですが、
「噛みつき」があまりにひどくて、前の飼い主から放棄された犬なんですって。

ご主人は「いただいたわんちゃんなんですよ、、、、」と、そのことを話してくれたのですが、
思わず「それって見捨てられたとか、押し付けられたって言うんですよ、、、、、、」
と言ってしまいそうでした。「いただいた」とは言わないんですよ、、、、、と。

それでも「いただいた」と言って、大切にしてくれる飼い主さんのもとで、
マロンちゃんは、「噛み付く」どころか、「なでられるの大好き」なわんちゃんになって、
日々を楽しく暮らしてます!!

明日も会えるかな。

(このご主人、何を隠そう私の父の若い頃と、雰囲気がかぶるんです。ないしょ(笑))
by kumi-oo | 2011-08-17 09:46 | Comments(0)

愛されるスゴ味犬

d0237578_91602.jpg


このゴールドのチョーク、ちょっとヤクザな感じだし、お耳はヤンキーチックなお色味だし、
家のヴィヴィちゃん、、、、、、、スゴ味系?

チョークは、ネットで注文したドイツものなんですが、色味選択のボタンを間違えたみたいで、シルバーを注文したつもりだったんですが、こっちが来ました。
またやっちゃいましたよ〜!!(笑) 

どうしよう、あんまり趣味じゃないけど、まあ来ちゃったし(高かったし!!)使うか、、、、
使ってるうちにシルバーになるかもしれないし(なるわけないし)。
まあ半ばあきらめモードでお散歩へ、、、、、。

と。これが評判いいから、世の中はすごい。
「ヴィヴィちゃんの毛の色にぴったり!!」
「さすが趣味いい!!」
「あんまりそれ見ないよね、どこで買ったの?」
、、、、、、へへへ。
それ以来、ヘヴィロテだっていうんだから、私も私なんだけど(笑)。
みんながいいっていうんだから、ヴィヴィはその方がいいんだよね、
みんなにかわいがってもらえる方がいいに決まってる。

髪、じゃなかった、耳の毛もしかり。
パピーの毛で、カットしちゃった方がいいらしいし、
これがなくなると、グッと大人っぽくなるヴィヴィなのですが、
「そのお耳の毛がいいよね〜」
「一目でヴィヴィって分かるよね〜」
「ふわふわ〜!!」
と、これがまた外野に人気で、
切るに切れなくなってしまった、というのが正直なところ。

シックでエレガントなわんわんにしたいのに〜(笑)

いいです、でも。
みんなに愛されるわんわんの方がいいんだと思う。
ヴィヴィみたいな甘ったれには、その方がいいんだと思う。
そうにきまってる。
by kumi-oo | 2011-08-12 09:48 | Comments(0)

おもかじいっぱーーーーーーい!!

d0237578_7554699.jpg


ハンモック犬となったヴィヴィ。かなり板についてきた。
「オモカジいっぱーーーーーーーい!」って吠える犬、か。
でもでも、カヤックに舵って、、、、、、あった?(笑)

娘たちは、今、宿題に取り組んでい、、、、、およ、今の「パタン、」という音は何だろうな
、っと。こら〜!!脱走するな〜!!
 
あ、失礼。

それでもって、毎日暑いで、、、、、って、今の「パタン、」は何でしょう、、、、、、こら〜!!
冷凍庫開けたり閉めたりするな〜!!
うわ、ちょっとヴィヴィそれ持ってかないで!!かのこ〜、ヴィヴィからそれ取り返してー!!早く!!

ああ、、、、、あとでまた続き書きます(笑)。
by kumi-oo | 2011-08-10 08:10 | Comments(0)

「舐めるな〜!!」



カヤックに一緒に乗りたくて、その訓練にいいかなと、復活してみたハンモック。
最初は、かじったり引っ張ったりしているだけで、断固「乗らない」の姿勢だったのが、
今では、すっかりハンモック犬!!
カヌー犬とか、カヤック犬がいるんだから、一匹ぐらいいたっていいよね、ハンモック犬。

それにしても、、、、、、、やめとけばよかったかも(笑)、
な今日この頃。
暑い日に一緒にハンモックに乗り込まれると、きつい。
暑苦しい上に、重いし、べろべろ舐めるし、顔面キック突然!!もありだし、
シエスタ、、、、とはほど遠い有様のお昼寝時間です。ふう、、、、、。

でっかいくせに、ほんと甘ったれで、、、、、かわいいかも(笑)。
d0237578_22353333.jpg

by kumi-oo | 2011-07-24 22:36 | Comments(2)

チャーミング マロン!!

d0237578_9402989.jpg

多摩川に行くと、まずは土手っ淵から広場まで、ある一点を見つめて猛ダッシュ!!
その先には、、、、、
そう、だ〜い好きなバーニーズの「マロン」君がいるわけなんです。

もうなんていうのか、ほんとにこの暑いのに、べ〜ったりくっついて離れないヴィヴィ。
完全にヴィヴィの片想いで、マロン君の方は、「忍、、、、、」な感じ?(笑)
他にもたくさんワンは来てるのに、何故かマロン。

さてこのマロン君、54キロ。
う〜ん、なかなかの食欲、、、じゃなかった、体格。
なかなかどころか、ものすごいボリュームです。くまさんですか?って家の娘。 
でもね、ほんとにチャーミングなんです、マロン。
ヴィヴィが夢中になるのも分かるな、私。
あの圧倒的な存在感と、とろけそうな眼差しとのギャップとが、
みょうに惹き付けます、女心。

マロン〜、末永く大好きだよ〜!!
by kumi-oo | 2011-07-16 10:00 | Comments(0)

修行の日々

これ、この目線。
これに耐えながら仕事ですよ、毎日!!もう全然集中とかってできないし。
ず〜っとです、見てる、見てる、見てる、、、、、、。
結局は私が根負けして、分かったから、今そっち行くから、ちょっと下がって!!(下がってくれないと、ドアが開けられないので)
がいつものパターン。

猫の出入り用の、小さい抜け穴みたいな窓を、アトリエのドアに切り取ってあるんですが、
そこから自分が入っていけない事が、どうしても納得出来ないみたいです。
だからでっかいんだってば。

それでいつも、ここから頭だけ突っ込んで、
恨めしげな目線を送ってくる訳なんです、じーーーーーっと。 
もっともっと修行を積んで、ピラピラしてる布だとか、ピローンとしてる糸だとかに
絶対に心惑わされなくなったら(飛びつかなくなったら)、
考えてあげるよ。ドアごと取っ払うか、、、、、。
d0237578_20544329.jpg

by kumi-oo | 2011-06-26 20:55 | Comments(0)