帽子屋kumi tsuyukiとその看板犬sylvie&emmaの生活

タグ:kumi tsuyuki ( 3 ) タグの人気記事

誕生日おめでとう

d0237578_983567.jpg

誕生日おめでとう。sylvie。

1歳になりました。

「おめでとう!!」の嵐と大騒ぎの中で、私の気持ちはちょっと重かったりする。
いくら考えても悩んでも迷っても、きっと答えなどないんだろう、、、、、、。

「避妊」手術をするしないの問題。
2回目のヒートがそろそろやってくる。
聞ける限りのたくさんの人の意見を聞いても、入手可能なテキストを読みあさっても、
それぞれの正論にうなずくことしか出来ない。人間の都合を捨て去って、犬のことだけを考えてみても、それは同じこと。
ぐずぐずと、まだ決められないでいる、どうしょうもない飼い主のもとで、
ヴィヴィは1歳の誕生日を迎えてしまった、、、、、、。

頭脳の方は迷いに迷っているのだけれど、
私の感覚の部分は、きっぱりと拒んでいる、その手術。

今12歳になる猫が、一緒に暮らしてるんですが、
その子をもらってきたとき、お医者の先生に、
「この子はあまりにも弱いから、出産とかは絶対させないように。
外に出すのもやめた方がいい。1年生きないかもしれない。」
と言われて、猫など飼ったことも無かったし、まるで無知だった私は、あっさり鵜呑みにして、言われるままに手術を受けさせました。

それはそれで、いいです。もうどうにもできない。

ただ、私は自分が妊娠しておなかが大きい間、ヒメさん(猫)の目をまっすぐに見れなくて、
つらかった。私にはあった「選択する自由」を持たなかった彼女に対して、私が、まるで悩みもせずに、ただ言われたからというだけで選択したということも含めて、申し訳ない気持ちしか持てなかった、そのあともずっと。そして今も。

きっと、今私が、人並み以上に迷ってしまうのは、あのヒメさんの時の分までまとめて悩んでいるからだと思う。そして結局この先も決めることが出来ないまま、ヴィヴィはどんどん年を重ねてしまうのだろう、、、、、、。

「出産させてやりたい」これが私の直球の気持ち。

「させてやりたい」など、傲慢な物言いだけれど、それが人間の選択によって決まってしまうことが、現代の事情においてやむを得ないことであるならば、私はあえて「させてやりたい」と思う。
これはヴィヴィの事情を全く考慮しない、私の個人的な気持ち。

ヴィヴィの身体のことを考慮に入れると、様々なリスクがつきつけられる。子宮ガンの発生率の数字データは、私を怖じけずかせるし、種の保存的な問題も、またしかり。
こんな情報社会の中で、するしない、どちらにするにしても、「決める」ことが出来た
人たちを羨ましく思う。ああ、遠い道のりだわ、、、、私には!!

犬というのは、本能的にリーダーを求める。
自分の前を、信念を持って歩く、迷いの無いリーダー、、、、、、、自分の進むべき道を、
はっきりと指し示してくれるリーダー、、、、、、。

ヴィヴィ、私は無理だ、ごめん。そういう素敵なリーダーにはなれそうもありません。
でも、いつか私のことを、「この人は迷ってるからついていっても大丈夫なのかもしれない、、、、」くらいには思ってくれるといいな。 

私が本当に信じられるのが、本当に好きになれるのが、そういう「迷う人」であるように、、、、、、、
 
も一回言うよ。
「お誕生日おめでとう」
by kumi-oo | 2011-08-23 10:11 | Comments(2)

神様に誓う!!

d0237578_20363714.jpg


帽子屋ですので。仕事のこともすこし。(ちょっとまじめな話など、、、、)

40歳になりました。
年齢云々ということだけではないですが、今年は私にとって、
ターニングポイントとでもいうのか、すごく大切な年となる気がしています。

仕事も、何かが私の中で変わったって、分かっちゃったから、
変わってくと思う。
ありがちな言い回しだけど、知ったんじゃなくて、思い出した、んだと思う、、、、。
作るものが、とか、作りたいものが、ではなくて、
使ってもらう人のイメージの絞り込みというか、やっと!!
ピントが合いました。10年(もっとか?)かかった〜!!(笑)

毎日は、相変わらずバッタバタで、もうどうにもこうにも
へとへとなんですが、
それでも、自分の変わってくことが、愉快で仕方がないです。 

いろいろをゼロにしちゃって、さすらうのもいいな。なんて。
(あ、お仕事の事ですよ、家庭はまた別!!) 
 
ココロ強い看板犬とも出会った事だし、
もっと自由に、もっと面白く、そして、もっともっと丁寧に、
仕事に取り組んでいこうと思う。
神様に誓う!!
by kumi-oo | 2011-06-24 21:36 | Comments(0)

多摩川(の土手っ淵)犬ヴィヴィ、わりと人気。

昨日の画像だと、あれ、湘南の犬?って、違います。あれは私の実家近くの海。
茅ヶ崎育ちの私です。やっぱ海でしょ〜!!って、1時間かけてつれてって、砂掘って帰ってきました。「そんなんだったら庭で散々やったでしょ〜!!」と、吠えたのは私の方(笑)。

ふだんはもっぱらここ。多摩川(、の土手っ淵)
d0237578_12512720.jpg

歩いて7〜8分かなあ、、、、ほぼ毎夕のお楽しみです。
「ほんとにフラット〜?」っていわれるぐらい、フラットらしくないフラットで、
あんまりその〜、、、、動きません(笑)。
最初はどこか悪いのかと思って、本気でお医者へ行ってしまったくらい。 
、、、、、笑われて帰ってきました。
性分みたいです。おとなしいっていうか、ぼ〜っとしてるのが。

そんなわけで、結構これがうけてるのか、多摩川友達に、わりと人気あったりします(親ばか)。 

まあね、身体でっかいんだし、大きく構えて(るふりして)てくれ!!
by kumi-oo | 2011-06-23 12:52 | Comments(0)